自動車保険 ノンフリート等級

「無事故」と「事故有」のノンフリート等級

無事故 事故有 ノンフリート

 

ノンフリート等級は保険料の割引・割増料金を管理しています。
これは自動車保険の大きな特徴です。

 

そしてノンフリート等級の管理表には「無事故」と「事故有」の2種類があって、どちらを適用するかで保険料が変わります。

 

つまり同じ10等級でも「無事故」であれば45%の割引率なのに対して、「事故有」では27%の割引率しかないのです。

 

事故を起こすと翌年の保険料が上がるという結果になるわけです。

 

では一度交通事故を起こしてしまったら、ずっと「事故有」の管理表を使わなければならないのでしょうか?
それは違うのです。

 

事故を起こした後でも、その後3年間無事故で保険を使わなければ「無事故」の管理表に戻ることができます。
だからもし事故を起こしてしまっても、その後は安全運転に心がけて車に乗ってください。

 

ところで「事故有」の管理表になると3年間は戻れませんし、その間は自動車保険の保険料がアップすると言いました。
これは3年間で保険料が総額で10万円以上のアップすることになると言えます。

 

となるともし10〜15万円の保険金を請求するような規模の事故であれば、自腹で支払った方が保険料のアップよりも安上がりなケースが出てくるわけです。

 

保険金が15万円以下と安い場合は、翌年から3年間でどれだけ保険料がアップするかを自動車保険会社に聞いて、どちらが得なのか検討してみましょう。