車の保険

車の保険を簡単に選ぶ方法

車保険

車 保険 見積もり

車 保険 相場

車 保険 価格

車 保険 比較

車 保険 補償

 

 

万が一に備えすぎて、高い保険料を払っていませんか?

 

もしもの時のために自動車保険は絶対に必要ですが、結局毎年も何事もなく安全に終える人がほとんどです。
あなたの保険料が高いのか安いのか、簡単にわかる方法があります。

 

去年の保険内容と同じ条件で、自動車車両保険一括見積もりに申し込んでいませんか?

 

複数の保険会社から見積もりで比較をすれば、あなたの保険料の相場、最安値がすぐにわかります。

 

保険会社は多いのでいちいち連絡するのは大変ですし、時間だってもったいない。
インターネットであなたの年齢、免許の種類、等級や、車種、走行距離などを1回入力するだけで、いろいろな会社の自動車保険料がわかるのです。
キャンペーンやプレゼント評判、おすすめも金額に満足がいくものから特典や契約内容をみていくとまだがなく短期間で満足のいく比較ができます。

 

あとはサービス内容を比べて、1番良いと思った保険会社を選ぶだけ。

 

あなたを悩ませる自動車保険、選ぶのが簡単になりますよ。

 

 

 

自動車保険の補償内容

 

車 保険 補償

 

では任意保険にはどのような補償内容があるのでしょうか?
大きく分けると4種類の補償があります。
1:対人賠償 2:対物賠償 3:人身傷害 4:車両保険です。

 

1:対人賠償:契約車両で他人を怪我・傷害・死亡させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手の治療費や慰謝料などを補償。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

2:対物賠償:契約車両で車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

3:人身傷害:契約車両に乗車中の自分・同乗者が事故で怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

4:車両保険:契約車両が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。
補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。

 

この他に、上乗せや特約などを付加して自分のピッタリの任意保険にカスタマイズしていくのです。

 

 

任意保険の補償の設定

 

車 保険 保険料

 

この1:対人賠償 2:対物賠償 3:人身傷害 4:車両保険の補償額をいくらに設定するかによって月々の保険料が変わります。
オススメの補償内容は以下の通りです。

 

1:対人賠償は無制限で契約しましょう。 
2:対物賠償は無制限で契約しましょう。 
3:人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
4:車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

細かく見ていきましょう。

 

1:対人賠償は無制限で契約しましょう。 
万が一事故の相手を死傷させた場合は高額の賠償金を負うことがありますから、無制限で契約しておきましょう。

 

2:対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理は高額になるますから、無制限で契約しておきましょう。

 

3:人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最近は無保険で運転している人もいますから最低限でもいいのでつけて備えておきましょう。 

 

4:車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。
もし車のローンが残っているなら、加入しておくと安心です。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

自動車保険の特約

 

自動車保険 特約

 

自動車保険には上記の4つの基本の補償のほかに、特約をつけることができます。
特約をつけることで、より安心なカーライフを送ることができるのです。

 

では、どんな特約があるのでしょうか?

 

<弁護士特約>
例えば停車していた自分の車に別の車が突っ込んできた場合など、こちらには全く責任が無い事故を「もらい事故」と呼びます。
もらい事故の場合は弁護士法上、あなたが加入している自動車保険の担当者は示談交渉をすることが出来ません。

 

相手方との交渉は自分で行うか、弁護士を雇って委任するしかないのです。
この場合の弁護士費用を補償するのが、「弁護士特約」になります。

 

交渉の相手は保険のプロですから、素人だけでは言い負かされてしまう可能性があります。
不利な交渉にならないためにも、弁護士特約つけておくのが安心です。

 

ちなみに弁護士特約は記名被保険者やその家族が補償の対象となります。
自動車以外の日常の事故で弁護士に相談したいときに適用できるものもあります。

 

<個人賠償特約>
自動車事故以外の事故で他人に怪我をさせたり、他人の物を壊した場合で、法律上の損害賠償責任を負ったときに補償します。

 

例えば、自分が自転車に乗っていた時に人に怪我をさせてしまった場合などがそうです。
記名被保険者やその家族等が補償の対象で、相手方との示談交渉もしてくれる特約です。

 

<ファミリーバイク特約>
原付バイクの事故で被保険者が死傷された場合や、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。

 

借りた原付バイクを使用していた場合の事故も補償対象で、記名被保険者とその家族を補償します。

 

このように特約というのは、事故の交渉を有利に進めたり、車以外の事故に備えたりするものです。
必要なものは付けておきましょう。

 

 

自動車保険のノンフリート等級

 

自動車保険 ノンフリート等級

 

自動車保険にはノンフリート等級という独特なシステムがあります。
ノンフリート等級は自動車保険の保険料の割引、もしくは割増率を決める指標になります。

 

まず一番最初は6等級からスタートして、1年間無事故であれば翌年は1等級上がり7等級になります。

 

7等級になると、前年よりも保険料が割引されるのです。
これを何年も繰り返して、最高で20等級まで上がります。

 

20等級になると初年度に比べて格段に保険料が安くなるのが特徴です。

 

しかし当然、逆もあります。
もし事故を起こした場合は事故の種類によって、ノンフリート等級が3等級もしくは1等級下がります。

 

例えば14等級だった年に事故を起こして保険を使用した場合、翌年は11等級となり保険料が前の年よりもアップします。
ノンフリート等級の最低は1等級であり、そこから下がることはありません。

 

そしてノンフリート等級の最大の特徴は、保険会社を変更しても引き継ぐことができることです。

 

ただし7等級以上の場合は満期日や解約日から、次の保険始期日まで8日以上空くと等級を引き継ぐことができなくなってしまいますのでご注意ください。
等級が引き継げなかった場合は6等級からのスタートになります。

 

ノンフリート等級は保険会社間の情報交換制度によって確認されますので、必ず正しい等級を記入してくださいね。
また共済には等級の引き継ぎが出来る共済とそうでない共済がありますので、保険会社にご確認ください。

 

 

等級ダウンの事故とは?

 

任意保険 等級ダウン

 

自動車で事故を起こして自動車任意保険を利用すると、通常は翌年のノンフリート等級がダウンして保険料がアップします。
そしてどのような保険を使ったかによって「3等級ダウン」「1等級ダウン」「ノーカウント」の3つに分けられます。

 

1:3等級ダウン
契約車両による交通事故により対人賠償・対物賠償・車両保険が支払われた場合。
1等級ダウン事故・ノーカウント事故以外のものは3等級ダウン事故です。

 

2:1等級ダウン
契約車両が盗難・台風・洪水・落書き・イタズラ・窓ガラス破損などによって車両保険が支払われた場合。

 

3:ノーカウント
人身傷害・搭乗者傷害の保険金のみが支払われた場合、弁護士費用特約のみが支払われた場合、ファミリーバイク特約のみを使った場合などはノーカウントとなり、ほかに等級が下がることがないなら翌年度は1等級上がります。

 

自動車保険を使ったからと言って必ずノンフリート等級がダウンするわけではないのです。

 

 

通販型の自動車任意保険のメリットとデメリット

 

車 保険 代理店型

 

最近は当たり前になってきた、通販型格安自動車保険。
若い人に人気の通販型自動車保険は、代理店型自動車保険に比べて保険料が安い傾向にあります。
ネット割引1万円なんていううたい文句もありますね。

 

なぜ、通販型の自動車保険は保険料が安くできるのでしょうか?新規だけでなく、更新でも満足のいく激安損保があります。

 

それは通販型自動車保険のほうが代理店型自動車保険に比べて、経費がかからないからです。

 

代理店をA市・B市・C市それぞれに構えると、その分スタッフを常駐させなければなりませんし、店舗の家賃なども発生します。
通販型はインターネットから申し込まれるので、A〜C市だけでなくもっと広い地域を1社に集中させてで賄うことができます。
だから経費が代理店型よりも2〜3割少ないのです。

 

では、通販型のほうが代理店型よりもいいのではないか?と思いますよね。
それは人それぞれなのですが、事故の時に代理店型であれば担当者がすぐに対応してくれる安心感が良いと言う人もいるのです。

 

自分で何でもやることに抵抗のない方は通販型、何かあった時にしっかり担当して欲しい方は代理店型と案外分かれるものなのです。

 

値段や料率を比較してみて評判もみて切り替えるならどこがいいのかシュミレーションしてみると自分で評価できるのでおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車保険の保険料

 

自動車保険の保険料

 

自動車保険の保険料はいろいろな要素によって決まります。

 

・車種や年式:車の大きさや機能が違えば保険料は変わります。
さらに年式の古い車は故障も増えるとみなされますので、保険料が高くなります。

 

・年齢:1年間無事故であっても被保険者の年齢が若いと技術が未熟とみなされて保険料が高く、40〜50代になるとベテランとして保険料が安くなります。そして60代になると体力が衰えるとして保険料が上がっていくのです。

 

・走行距離:走行距離が長い車はいろいろと不備や故障が多くなるとみなされ、保険料が高くなります。

 

・使用目的:通勤で毎日車を乗るのか週末レジャーでしか車を乗らないのかで保険料は変わります。

 

・等級:保険の等級は過去の事故を起こしたことがあるか、無事故であったかどうかの証になるので、保険料に大きく関係します。
6等級スタートで無事故であれば毎年1等級アップ、事故を起こせば1等級もしくは3等級ダウンして保険料がアップします。

 

・免許証の色:ゴールド免許であれば運転技術が高いとみなされて、保険料が安くなります。

 

このようにいろいろな要素が合わさって保険料が決まるのですから、同じ条件の人を探すのは不可能に近いです。
自分の保険料の相場を知りたいなら、一括見積もりをしてみるのが一番の近道です。